いらっしゃいませ!

代々木公園至近の閑静な環境で、整体カイロ・鍼灸院を営んでいる、田河大史(たがわひろし)と申します。

タイトルの腰痛だけでなく、色々な痛み、病気を退散させ、皆さんが元気に暮らすための有益な情報をどんどん発信していきます!
ご意見、ご感想をお寄せいただければとても嬉しいです♪

2011年08月29日

骨粗鬆症とカルシウム

こんにちは!代々木公園の鍼灸師、田河です。

骨粗鬆症を心配する女性は、牛乳を飲まなければ、と結構気にする方が多いです。
最近、圧迫骨折後の腰痛でいらした女性もカルシウムを摂らないと、と考えていました。

反面、牛乳があまり好きではない、という方も少なくありません。
私は別に嫌いなら飲まなくても良い派です。

そもそも、明治以前の日本は家畜の乳を飲む習慣はありませんでした。
他の形でカルシウムを補っていたのです。

小松菜、大根の葉、小魚、ひじき、桜えび、油揚げなどはみなカルシウムが豊富です。
これらを日々食べるのでもカルシウムを摂る上ではなんら問題はありません。
牛乳は嫌いでもチーズやヨーグルトなら平気、という方もいます。
もちろん、チーズ、ヨーグルトも元は牛乳なので、それでもカルシウムは摂れます。

ただ、我々日本人の歴史を考えた時、乳製品は必需品ではありませんでした。
あくまでも嗜好品、好きで美味しいから食べる、という感じで召し上がり、必要な栄養は別の形で摂る、というアイディアもあると思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。