いらっしゃいませ!

代々木公園至近の閑静な環境で、整体カイロ・鍼灸院を営んでいる、田河大史(たがわひろし)と申します。

タイトルの腰痛だけでなく、色々な痛み、病気を退散させ、皆さんが元気に暮らすための有益な情報をどんどん発信していきます!
ご意見、ご感想をお寄せいただければとても嬉しいです♪

2011年09月20日

かき氷と頭痛

こんにちは、代々木公園のカイロプラクター、田河です。
東京は暑さも一気に和らぎ、急に涼しくなりましたね。

さて、そんな最近、かき氷などを食べると頭が痛くなるのは何故か?と訊ねられました。

かき氷やアイスクリームなど、冷たいものを食べた時に一時的に起こる頭痛。
これは、医学的にはアイスクリーム頭痛と言われています。


この頭痛は、いわば神経の勘違いで起こります。手足でもドライアイスなど極端に冷たいものを触ると、「痛い」と感じることがあります。

それと同じように、急に冷たいものが体に入った時、
冷たい→痛い
と感じるのです。

この場合、のどでの冷たさをこめかみや耳当たりの冷たさ(痛み)と勘違いしてしまうんです。
それは、三叉神経という耳の裏をからこめかみや顎まで繋がってる神経の混乱のせいです。


これは特に外気との温度差が大きいと起こり易いようです。
つまり、冷房の効いた涼しい場所で食べるより、日差しが痛いくらいの太陽の下で食べる方が、アイスクリーム頭痛は起こり易いということです。

まぁ、そんな神経の勘違いは短い時間で終わります。数秒〜長くて1分くらいです。
個人的には、かき氷は頭痛がしても暑いところで食べたいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226787350

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。