いらっしゃいませ!

代々木公園至近の閑静な環境で、整体カイロ・鍼灸院を営んでいる、田河大史(たがわひろし)と申します。

タイトルの腰痛だけでなく、色々な痛み、病気を退散させ、皆さんが元気に暮らすための有益な情報をどんどん発信していきます!
ご意見、ご感想をお寄せいただければとても嬉しいです♪

2011年10月24日

背骨は踏んでもいいものか?

こんにちは!代々木公園の鍼灸師、田河です。
本日は、メールであった質問にお答えしたいと思います。

この方は30代後半の女性で、旦那さんが腰がダルいというので踏んであげているそうです。
それで、あまり頻繁に踏むと体に良くないのでは?と心配されてご質問下さったのですが。

これは、
1.どれくらいの力で踏んでいるのか
2.踏んでもらう方の年齢がいくつなのか
が結構関係してきます。

簡単にいえば、少々踏んでも大丈夫は大丈夫なのです。

ただ、50kg以上の体重の方が全体重をかけて踏んだりすると、場合によっては骨や筋肉を痛める結果も考えられます。
年齢がいって、骨があまりしっかりしてない方、はっきりした変形が起きているような方は踏むべきではありません。

上記以外の方なら、あまり勢いをつけず、片足でとか手で何かにつかまりながら、とかであれば安全に踏めると思います。
これが毎日だとしても、害になることはあまりないでしょう。


通常、踏んでもらう人はうつ伏せになっています。
これを踏む、ということは背骨をそらすような力を掛ける、ということです。

なので、上向きで寝るときに、腰の下に高さのある枕のようなものを入れて、左右にごろごろ体をよじるのでも似たような効果が期待できます。

どちらかといえば、この方が危険も少なく、自分で出来るのでよりオススメです。

ちなみに、ダルい程度で自覚症状がなくても、意外に体はバランスを崩していたりします。
予防の意味も込めて、元気なうちに体のチェックをしておくのもいいですよ。
もちろん、当院もそういったご相談はいつでも歓迎しています!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231898030

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。