いらっしゃいませ!

代々木公園至近の閑静な環境で、整体カイロ・鍼灸院を営んでいる、田河大史(たがわひろし)と申します。

タイトルの腰痛だけでなく、色々な痛み、病気を退散させ、皆さんが元気に暮らすための有益な情報をどんどん発信していきます!
ご意見、ご感想をお寄せいただければとても嬉しいです♪

2010年12月09日

捻挫の後遺症

こんばんは、代々木公園の整体師、田河です。

このところ、足首の治療が面白いです。
意外に捻挫の後遺症をもった方は多いのですね。

一般の方も捻挫の後遺症とは、基本的に捻挫自体は治っているけれど、捻挫の時の捻りで関節の位置が微妙にズレたせいで足首やその周りに色々な症状を起こすものです。

症状は足首周りの痛みをはじめ、
動きが硬い、
あまり動かない、
変な違和感がある、
歩いたり運動などで足首から先に痛みが出る、
などが多いです。

これは、捻挫をした時の治療が悪かった、というレベルの話ではありません。
そもそも整形外科や接骨院で微妙な関節の動きはチェックするところはあまりないので、正しく治療を済ませていてもそうした問題が残るのです。

捻挫の後遺症のある人は、その捻れ具合をチェックし、正しい方向に動きをつけてあげます。するとかなり動きが改善され、自覚的にも足首が軽くなります。

当然、強く痛めたもの、経過の長いものは繰り返しの施術が必要ですが、全身への影響を考えると治しておくといいです。

スポーツ経験者や格闘技などで傷めた方はキツい捻れの方もいるので特にお勧めします。

軽いものは、自分で足首を内側、外側と10回くらいづつ回す運動を日課にすると治っていきます。

変わらなければ、当院をはじめカイロ、整体などにご相談なさってみてはいかがでしょうか?

2010年10月23日

猫背対策

こんばんは、代々木公園の整体師、田河です。

最近、猫背の患者さんが増えています。
猫背とは背中の上の方が、前向きに丸まった姿勢です。これは姿勢のクセなどが続いて、徐々にこの形になってしまうのですが、一度なってしまうとなかなか戻せません。

姿勢を良くしたり、胸を張ったりするとかえって背中が痛くなったりします。
これは、丸まった背骨が伸びないで、その下の背骨のところで無理に反らそうとするので、1ヶ所(ときに2〜3ヶ所)に負担がかかるのです。

こうした時はやはり治療を受けて、丸まった周囲の緊張を緩めてあげると良いのですが。

セルフケアとしては、背骨に沿って縦に枕をあてがうという方法があります。
丸めたバスタオルなどを肩甲骨の間に当てて、仰向けに寝転びます。すると、前に丸まった背骨が伸びて、胸の前が開きます。ただ胸を張るのと違い、支えがあるので伸ばしだい背骨が伸びるのです。

あまりに固まっていると心地良さより痛みがあるので、そういう時には無理をしないで下さいね。

2010年06月18日

骨盤の開きについてのお話

こんばんは、代々木公園のカイロプラクター、田河です。
はい、久々の続きネタです。
昨日は1日アップが遅れたので2日連続です!

さて、今日は「骨盤の開き」について。
どこからこういう発想が生まれるんでしょうか?
業界の方が意図的に変な知識を広めている気がします。

そもそも骨盤は開くのでしょうか?

開くと言えば開きます。
ただ、それは一般の方が想像しているのと少し違うんです。


6229f6ff4397aa39881a18a36d9b60f5[1].jpg

多分、多くの方はこんな風に「骨盤が開く」と想像しているのではないでしょうか?

ですが、私の考えは違います。
↓は真上から見た、立った時の骨盤の図です。
kotubann.gif

最初の写真のように骨盤が開くには両側の赤い矢印のように骨が動かないといけません。ですが、輪っかの下にあるオレンジ色の恥骨があるせいで、赤い矢印のようには開けないんです。
だって、どう考えたって恥骨が伸びるか外れるかしないと矢印の方向に骨は動きませんよ?

もちろん、出産時に靭帯が緩み、骨盤に動きが出るのは事実です。
ただ、一般の人が考えている「骨盤が開いている」というのはそういうものではないはずです。まさに最初の写真のようなものを想像しているはずです。

前回、私が骨盤のよじれとか歪みという表現を使ったのはそういう理由です。
私は骨盤は↓のように「歪んだ」り「よじれ」たりするけど「開く」とは考えていません。
kotubann2.gif
もちろん、考えはそれぞれです。
私の考えが唯一正解だというつもりも全然ありません。
骨盤は開かないけれど、よじれや歪みは治す方がいいと考えてもいます。
なので、「開きを治したい」といらした方にも、このような考えをお話しして、ご納得いただいた場合に施術をしています。

骨盤矯正といっても内容や考えが様々だという例ですね。
「健康を考えて」「美容を考えて」など理由は様々でしょうが、皆さんが納得できる出会いをされることを心から願っています。

2010年06月17日

骨盤矯正って何?

こんにちは、代々木公園の整体師、田河です。
東京近郊、梅雨とは思えないいいお天気です!

さて、カイロの治療院をやっていると「開いた骨盤を閉じたい」とご相談を受けることがあります。こうしたことを希望する人はどこに行けばいいのでしょうか?

カイロプラクティック?骨盤矯正?
じゃあ、それらは何をするの?
どんな人がやるの?
今回はそんな雑多な疑問についてのお話です。

骨盤矯正とはそもそもなんなのか?
平たくいえば、骨盤の位置のズレを本来のベストポジションに戻すことです。骨盤というのは、歩き方のクセや足を組んだりでよじれを起こします。また出産に前後して骨盤に緩みが出るので、産後の生活次第で狂いが生じやすいのです。そうして歪んだ骨盤をより良い位置にするのが骨盤矯正です。

では、骨盤矯正とは誰がやるのでしょうか?
多くはカイロプラクティックか整体を勉強した人が行います。「骨盤矯正師」といった国家資格はないので、骨盤のよじれを見て分かる人、つまりカイロか整体で骨盤、骨格を勉強した人がやるケースが多いと思います。

エステ系の人がやることもありますが、内容的にはカイロや整体の技法を取り入れているようです。オフィシャルな資格が存在しないので、誰がやっても違反ではありません。それこそ、看板の数だけ違う内容がある、と言えるでしょう。

ここで一区切りします。
次回は冒頭の質問、「骨盤の開き」についてお話しますね。

2010年01月25日

足の長さの違い

こんにちは、田河です。
ジーンズの丈直し、もったいないくらい切ります。

が、今日の話題は短足のことではありません。
たまに患者さんで「右足(左足)が短いと言われた」とおっしゃる方がいます。そういった、片方の足の短さ(短下肢)についてです。

片足が短いのには2種類があります。
1.本当に片足が短い
2.実は片足が短く見えるだけ

1は実際に骨のある点と点の長さを測って、左右が違うケースです。
実は、皆さんがよく耳にするのは2のケースです。

これは実際に足の長さが違うのではなく、
違って見える状態にある、ということです。
例えば骨盤が傾いていたり、片方の足がより曲がっていたり。
そのせいで足が短く見えるんです。

pel.gif

この2のことを見た目の短下肢、とも言います。

カイロプラクティックや整体、骨盤矯正などで変化するのは2の方です。実際に骨の長さが違う1は施術でどうこうなるものではありません。

なので、上記の施術で本当に変化するのは足の長さではなく、
骨格のバランスなんです。

そして、これはまっとうに施術をしている治療院であれば、
割と普通に変化させられるものです。
もっといえば、施術の最中にもどんどん変わっていきますし、
仰向けとうつ伏せの違いでも変化します。

ですから、そういう事実を伏せたままに「足の長さが違う」というのは
いたずらに患者さんを驚かせてしまうと思うんですね。
もちろん、放っておいていいものでもないのですが。

言葉の重みとしては
「かなり凝ってますね」
に近い感じで受け止める方がいいですよ。

2010年01月11日

おならの姿勢

こんばんは、田河です。
昨日、お芋をたくさん食べました。
だからってタイトルでもないのですが。

タイトルの姿勢。つまり、座った状態で片側のお尻を少し浮かせた姿勢ですね。
あれも一瞬ならいいのですけど。
長い時間あの姿勢で座っているのはいただけません。

そんな変な格好しないですか?
いや、男性はたまにしてる人がいるのです。
それはお尻のポケットにお財布を入れる人です。

結果として片側のお尻が上がってますよね。
あの姿勢が腰痛、肩凝りの原因になることがあるのです。
お財布の厚みはさほど関係しないので、お金持ちほど症状が強いってことはないのですが。

座っている時の体の土台は骨盤です。
骨盤の上に体が乗っかっています。
この土台の下に楔(財布)をかますと、当然傾きます。
その上の体も当然傾きますよね。
わざわざ体を斜めにして座るのが、そんなに良いことでないのは理解してもらえると思います。

以前、治療の保ちが良くない方にこの習慣を発見し、改めてもらったら、かなり好調を維持出来るようになったケースもあります。

腰痛、肩凝り持ちで思い当たる方、財布に限らず、お尻のポケットの物を出して座るようにしてみましょう。

2009年12月25日

体は曲がる

こんにちは、田河です。
ちょっと油断して、少しのどがイガイガします。
こういう時こそ生姜ジュースです。

ちなみに、これの作り方にちょっと補足を。
手順2で生姜を煮る時は、結構グツグツ煮てください。
煮詰めて辛味が出るまで煮るのがポイントですよ。

さて、前回歪みのお話をしました。
もちろん、歪みが少ない方が体は楽なのですが。
大前提として。
みんな、多かれ少なかれ曲がっているんです。
ということ知っていていただきたいな、と。

時々「体が曲がってる」ことを御相談されることがあります。
ですが、実はみんな曲がってるんです。
そして、この曲がりは一日のうちでも変化します

image.gif

起床時は右図に近く、起きて動いているうちに疲労が溜まって歪んできます。
そして、睡眠でリセットされるのが普通のリズムなんです。

もちろん、実際は徐々に疲労が溜まるうちに、曲がりが固定化してしまうものなんですけど。

曲がっている、というのはその時の状態であって、割と容易に変化します。
睡眠、体操、施術、どれも曲がりを変化させる要素です。

骨の変形であるとか、変わらない曲がりもあるのですが。
曲がっていても、問題なく暮らしている人もいますからね。
単純に 曲がっている=悪 とも限りません。

曲がりそのものに目が向きがちですが。
原因である体の疲労や日常の癖、体の使い方にも目を向けてみてください。

2009年12月23日

なぜ歪むのか

こんばんは、田河です。
日曜日に見た、背骨を動かす運動、まだまだマスターできません。

普通の方よりはいいと思うのですが、それでも私自身、左右に歪みがあります。
あの運動は、その解消に役立つと思うんですよね。

さて、そうした歪みはなぜ起きるのでしょう?
理由はいろいろありますが、日常の些細な癖が理由だったりもします。

一番よくあるのは足を組んで座ること。
あれは骨盤の片側に負担をかけるのでやめた方がいいですよ。

たまに「私は逆にも組んでバランスを取っているから大丈夫」という人もいますが。
それはもっとダメです
よじれによじれを重ねても、真っ直ぐにはなりませんからね。

とはいえ、それほど神経質にならなくても大丈夫です。
つい、無意識にやってしまいますが、気が付いたら直せばいいのです。

あと、立ち仕事の時、電車や家事で立っている時、明らかにどちらかの足に体重をかけているのに気が付いたら、やはり均等にかけなおして下さい。

日々のちょっとした習慣も、積み重ねると体が変わりますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。