いらっしゃいませ!

代々木公園至近の閑静な環境で、整体カイロ・鍼灸院を営んでいる、田河大史(たがわひろし)と申します。

タイトルの腰痛だけでなく、色々な痛み、病気を退散させ、皆さんが元気に暮らすための有益な情報をどんどん発信していきます!
ご意見、ご感想をお寄せいただければとても嬉しいです♪

2010年12月06日

顔面神経麻痺と鍼

こんばんは、代々木公園のカイロプラクター、田河です。

先週、患者さんが顔面神経麻痺になって来院されました。
顔面神経麻痺とは、顔の筋肉を動かす神経が麻痺してしまい、顔の片側半分が動かせなくなる病気です。
目を閉じる、頬を上げる、口を閉じるなどに不都合が生じます。

症状が起きてすぐは顔の半分がほとんど動きません。
ある日突然症状が出るので、皆さんびっくりします。

症状が起きてからはすぐに治療を開始するかどうかが、その後の経過を大きく左右します。
発症から一週間以内に治療を開始するのが大切です。

今回来院なさった患者さんは、症状の出た翌日から来て下さったので、速やかに治療を開始することが出来ました。
それと同時に、懇意にしている病院にご紹介して、薬物療法も始めていただきました。

これからしばらくは間隔を詰めて治療を続けていきます。万一、あなたやあなたの周りに顔面神経麻痺になった方がいらしたら、少しでも早く治療を受けて下さいね。

2010年12月02日

腰痛とコルセット

こんばんは、代々木公園の鍼灸師、田河です。
紅葉も終盤、いよいよ12月ですね。

最近いらした患者さんが、腰痛用にコルセットをなさっていました。
お帰りの際、「これはしててもかまいませんか?」と尋ねられました。

実は、最近の研究ではコルセットと腰痛の関係について、面白い報告があります。

肉体労働をしている腰痛持ちの人達を2グループに分け、片方にはコルセットをさせ、もう一方にはコルセットをさせませんでした。その結果、どちらも腰痛の具合に大きな違いは生じなかったそうです。

ただ、よく言われるように、コルセットを長くしていると筋力が落ちてしまう、ということもないようです。

現時点では、腰痛に対してコルセットは有効とは言えないけれど、悪いとも言えない、という感じですね。

とはいえ、長年整形外科に勤めていた実感では、コルセットをすると痛みが軽くなる、という人は多かったです。

なので、コルセットの使い方についてはデータ云々でなく「していて楽ならする、あまり変わらないならしない」という方法をお勧めしています。

皆さんも参考にしてみて下さい。

2010年11月27日

肋間神経痛の疑い

こんばんは、代々木公園の整体師、田河です。
今日も治療院は満員で、なかなかブログを書く暇がなく、こんな時間になっちゃいました。

最近の治療で胸の縦郭に注目することが増えています。
胸の縦郭とは「肺と肺の間」くらいに考えてもらえればいいです。

体の柔軟性や動きをチェックしていくと、肋骨での引っ掛かりがあるのです。ちょうど胸骨と肋骨の間辺りに硬さが出ることろがあります。それが治療点になります。

肋骨とはたとえるなら『ちょうちん』のようなもの。
私たちの日常生活では前かがみになることが多いので、『ちょうちん』の前側が縮むような姿勢になってしまうのです。すると、肋骨の前側の筋肉は緊張続きで硬くなってしまいます。

体がこのような状態になると、胸が痛くなったり、背中が凝ってきたり、息が大きく吸えなかったり、重大ではないけれど様々な問題が起き易くなります。

今日いらした患者さんも縦郭を検査すると詰まりがあって治療をしました。すると、実は本人もその辺りが気になっていたそうです。(メインの症状は肩の痛みだったのですが)突然の胸の痛みで病院にかかり、検査の結果肺や心臓には問題なく、肋間神経痛ではないか?と言われたとのこと。実は、肋間神経痛と診断される症状の中にも、縦郭の詰まりがあるのではないか?と思っています。

さて、このような症状、自分ではどうすればいいのかというと。
お風呂に入ったときにでも、肋骨の間を自分でよくこすって(マッサージして)あげてください。毎日すこしづつでも、続けていると詰まりが緩みます。

あとは時々伸びをして、胸の前側を伸ばしてあげてください。

それでもなかなか改善しないときは、代々木公園へ御来院くださいね。

2010年11月26日

受験勉強と整体(カイロ)

こんばんは、代々木公園のカイロプラクター、田河です。

以前、整体院とラーメン屋は似ているという話をしましたが。
今回は別の例え話で、カイロ(整体)と受験勉強は似ている、という話。

カイロプラクティックというのは、神経に働きかけ、全身的な機能を高める治療です。つまり、極端に言えば何にでも効きます。

ただ、鍼の修行時代の先生は「何にでも効くというのは、何にも効かないのと同じだ」と言っていて、当時はなるほど、と思ったものです。

確かに、治療も漠然と「腰痛の治療」と言うよりヘルニア向け、坐骨神経痛向け、など専門性が明確だと分かりやすくて良いのですが。

これを受験勉強に例えると、専門性というのは、東大向け、早慶向け、上智向けみたいなコース分けです。赤本などで各校の傾向に合わせた勉強をするのは確かに効果的です。

ただ、そうした傾向と対策はアレンジで、本当に大切なのは基本的な学力ですよね。

カイロも同じで、この基礎的な学力にあたる、治癒力とか回復力などを向上させる効果こそが大切なんだと思います。

もちろん、さらに個々の状態を見ながらアレンジは加えていきますが、本当に大事なのは全身的な働きの向上です。
これこそがカイロの素晴らしい点です。

なんでも来いに名人なし、とは言いますが。
本当の体の働きは、まさになんでも来いだな、と日々、知らされています。

そうそう、受験生の方は風邪に気を付けて、ラストスパート頑張って下さい!

2010年11月20日

注射針が痛いワケ

こんばんは、代々木公園の鍼灸師、田河です。

なんで鍼灸の鍼は痛くないのに、注射針は痛いんですか?と患者さんに訊かれました。

なんで鍼灸の鍼は痛くないのか、と訊かれることはよくあるんですけどね。逆はなかなか訊かれません。今回は鍼灸師も必見です。(笑)

さて、注射の痛みは大きく分けると2種類あります。
針を刺す時の痛みと、薬を入れる時の痛みです。

前者はまぁ、怪我と一緒ですから当然痛いです。
なぜ鍼灸の鍼より痛いかというと、注射針は鍼灸の鍼より断然太いからです。薬を入れるために中が空洞な分、太くなります。平均的な注射針は鍼灸鍼の5倍近いの太さなので痛みも感じるってものです。

後者の痛みは薬を入れることで起こります。
薬がシミるとかではなく、液体を入れる時、その一点にはスゴイ圧力が加わります。とても強い水鉄砲を体内に打たれているイメージだと分かりやすいでしょうか?
点滴はそうした圧力がないので当然その手の痛みはありません。

そろそろインフルエンザの予防接種を受ける方もいると思います。
その際は「これかぁ」と実感してみて下さい。

2010年11月17日

ノンアルコールビールは健康に良い?

こんばんは、代々木公園の鍼灸師、田河です。

最近、よくノンアルコールビールを目にします。

私も2度ほど飲みましたが、あれにも良し悪しがありそうです。

ノンアルコールビールを飲まれる方は、運転などで飲酒できない状況にいるか、健康上の理由で禁酒ないしは減酒の必要があるのだと思います。

ただ、健康のためにアルコールを減らすとき、代替品にノンアルコールビールを飲むことは必ずしも健康的とは限りません。
というのは、やはりビールではないものをビールっぽくするために、結構添加物を入れて作っている商品があるのです。

通常のビールであれば原材料はホップと麦芽くらいですが、ノンアルコールビールにはブドウ糖果糖液糖、カラメル色素、酸味料、甘味料、アミノ酸などが入っていたりします。

もちろん、中には添加物を使わずに作っている物もあります。近所の成城石井で売っていた、アメリカ産のノンアルコールビールは添加物がなかったです。

お買い求めの際には一度品質表示をチェックすることをお勧めします。


 

2010年11月12日

ヒップアップと健康

こんばんは、代々木公園の整体師、田河です。

お尻は健康のバロメーターである、と私は考えています。
別に、ガードルのお薦めがあるとか、なんとかクリームを売ろうとかではありませんよ。

あるカイロの研究では32歳を超えると右側のお尻の筋肉の張りが落ちると言っています。これはかなり大ざっぱなくくりですが、健康な方はお尻の筋肉に張りがあります。そういう方は日常でしゃがむ、立つ、歩くをしっかりしていることが多いです。

残念なことですが、年齢と共にお尻の筋肉の張りはなくなっていきます。大浴場で他人のお尻を見れば分かるのですが、ご年配の方のお尻は平坦でぺったりしており、幼児のお尻はプリプリして張りがあります。

これは平均的に仕方ないことなので、積極的に足腰を使って、少しでもその傾向に歯止めをかけたいもの。いっぺんに筋肉がつくことはありませんので、日常でしゃがむ、立つ、歩くを意識して行うことが必要です。

もちろん、痛みのある方は出来ないものもあるので無理はいけませんが。そうしたケースのご相談はお問い合わせくださればお答えします。

これを読んだら、入浴前にご自分のお尻が大丈夫かチェックして下さいね。

2010年11月10日

出産は風呂場でも出来る

こんばんは、代々木公園のカイロプラクター、田河です。
良い天気が続きますね。

そんな好天の中、先日はPAACの「妊婦と小児の矯正と管理」セミナーに参加してきました。

もちろん、セミナー内容もとても良かったのですが、それは玄人向けの話。あなたには、そこで配られた興味深い資料の内容をお伝えしたいと思います。

それは、自宅出産をなさった方の手記についてです。

著者は現在の産科での出産に疑問と違和感を感じ、様々な角度から問題提起をします。

そもそも、あの産科の台で足を開いて固定された姿勢で、非日常的な呼吸をしながら、自然なお産が出来るのか?というのです。

排泄だって難しいあの姿勢は不自然だ。妊婦よりは医療者側の都合が優先されている。と主張する著者は、病院どころか助産院も使わず、自宅の風呂場で出産し、赤ちゃんを旦那さんに取り上げてもらったのです。

実は、その旦那さんこそがセミナーの講師、栗原輝久先生なのですが。

もちろん、誰にでも出来ることではありませんし、病院、自宅、どちらの出産にもリスクはあると思います。ただ、病気じゃないから病院にはいかない、と生命の強さとカイロプラクティックを信じる強い心には感服します。

そうして経験を重ねながらご出産したお子さん4人は、元気に成長中とのこと。出産って、本来自然なことなんだと改めて知らされるお話でした。

2010年11月06日

正しい枕の選び方

こんばんは、代々木公園の鍼灸師、田河です。
今週もぎりぎり2本の原稿更新!

さて、最近、「世界一受けたい授業」というテレビ番組で首や正しい枕の選び方についてのコーナーがあったみたいです。整形外科医が出演したようですね。

その番組を見た患者さん達は、そこで紹介していた枕はなんだか自分に合わないみたいだ、とおっしゃるのです。

「首を含む背骨の柔軟性さえあれば、枕なんか何でもいい」というのが私の考えです。

子供が枕が合わないとかいうでしょうか?
元気な時に枕を気にするでしょうか?

枕が気になる時は、大抵、首を含めた背骨が硬くなっています。コンディションが悪いから枕が合わなくなるんです。というか、枕に合わせられなくなるんですね。

もちろん、そうした体調でも安眠出来る枕があれば快適でしょうが、私はそれよりまず体調を良くしましょうよ、と考えます。

当の番組を観ていないので賛成も反対もないのですが、偉い先生が言うことでも、まずは自分が不快だったら止めた方がいいです。

学問的には正しいことでも、あなたに合うかは別問題です。健康器具でも体操でも、自分が心地良くなれるか?を基準に判断して下さいね。

2010年11月04日

子供の整体

こんにちは、代々木公園の整体師、田河です。

先日、お子さんの患者さんもいますか?との質問を受けました。

鍼灸、整体の治療は腰痛、肩こりに、と思っているとお子さんとは結びつかないかもしれませんね。

確かに、当院は腰痛、肩こりで来院される小学生以下のお子さんは多くありません。そうした児童で一番多いのは、姿勢や動きを良くしたいというご相談です。

最近は成長過程にあるお子さんでも、姿勢の悪さや、体調や体質の問題から体の伸びが悪いことが多いのです。すると、動きがスムーズに行かなかったり、運動に苦手意識が出来たり、といった問題が起きます。

そういったお子さんに対して、整体を行うと、体の伸びが出てきます。
元々、悪い蓄積も少ないので、変化も早いです。

もちろん、児童でも小学校高学年くらいになると腰痛、肩こりを起こすこともあるので、そうした時は大人と同じように施術します。

本当は、症状の有無と関係なく、子供のうちから定期的に施術を受けていると、成長にも良い効果があります。

もちろん、大人も痛い時だけではなく、メンテナンスを大事にして下さいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。